calibre ユーザーマニュアル

calibre は電子書籍のライブラリ管理ソフトです。ほとんどの主要な電子書籍を閲覧したり、変換したり、カタログしたりすることができます。そして多くの電子書籍リーダ端末に対応しています。インターネットに接続して書籍の書籍情報を取得することも可能です。ネットニュースをダウンロードして、読みやすい電子書籍に変換することもできます。calibre はクロスプラットフォームで Linux、Windows、macOS で動作します。

さて、calibre を開始しました。何から始めましょうか? calibre で電子書籍に何かする前に、まず知っておくべきことがあります。何冊かの本を calibre にドラッグ&ドロップするか、「本を追加」をクリックして追加したい電子書籍を探しましょう。書籍を追加すると、メインビューに次のようなものが表示されます :

_images/added_books.png

追加した本がリストに表示されている気が済むまでうっとり眺めた後にひあ、きっとその本を読みたくなるでしょう。それには本の形式を、リーダが対応するものに変換する必要があります。初めて calibre を起動するとウェルカムウィザードが開始し、そこでリーダデバイスの設定が行われます。本の変換はとても簡単です。変換したい本を選択し、「本を変換」ボタンをクリックするだけでよいのです。とりあえず今のところはオプションをすべて無視して、「OK」をクリックしましょう。すると右下隅のアイコンがくるくる回転しだします。回転が止まったら、変換完了です。「表示」ボタンをクリックして本を読みましょう。

リーダーで本を読みたい場合は、リーダーをコンピュータに接続し、calibre が検出するまで待ってから(10〜20秒)、「デバイスに送信」ボタンをクリックしてください。再びアイコンの回転が止まるのを待ってからリーダーを切断して、お読みください。前に示した手順で本を変換しなかった場合には、calibre はリーダーデバイスが扱える形式に自動的に変換します。

もう少し進んだな使い方をするためには、グラフィカルユーザインタフェース のページからはじめるとよいでしょう。さらに高度で多様な機能は、コマンドライン・インタフェース で学べます。また、よくある質問 も役に立つでしょう。

さらに質問がある場合や、他のユーザと calibre について議論したり、助けを求めたいことがある場合には、 フォーラムなどを利用してください

このマニュアルは、次の形式の電子書籍バージョンが利用可能です。 EPUB 形式, AZW3 (Kindle Fire) 形式, PDF 形式

セクション

calibre のユーザーインターフェース

ニュースサイトをcalibreに追加する

calibre 電子書籍ビュアー

calibre の電子書籍変換のカスタマイズ

電子書籍の編集

calibre コンテンツサーバー

電子書籍の比較

電子書籍の書誌の編集

よくある質問

チュートリアル

calibre のカスタマイズ

コマンドライン・インターフェース

calibre 開発環境のセットアップ